400円(税抜き)前後のボトルタイプを購入できれば、1粒単価がおトクに!

クロレッツのラインナップ

 

2018年4月現在、クロレッツは以下のラインナップがあります。

 

  • ガム(個別包装タイプ)
  • ガム(ボトルタイプ)
  • ミントタブ

 

以前は板ガムを作っていたこともありますが、現在のラインナップではガムは粒ガムのみになっています。

 

フレーバーはガム、ミントタブともに5種類用意しています。

 

 

単品とボトル買いのコスパはどのくらいの差?

クロレッツのガムは個別包装タイプは14粒入り。
販売価格はコンビニで120円+税、量販店(ディスカウントストアなど)で100円+税くらいです。

 

ボトルタイプは140g入りでコンビニで買うと700円+税、量販店は安いところで500円+税、平均で600円+税で売られています。

 

ここで気になるのはボトルには何粒入っているのか?
そして1粒あたりの単価の違いです。

 

クロレッツは2016年3月にボトルタイプを2つの開け口を用意した2Wayボトルにリニューアルして、従来の150gから140gに減らしています。

 

ボトルタイプはグラム換算なのでボトルによって数粒の誤差が出る場合もありますが、複数の検証サイトを見たところ、150gの旧ボトルで105粒前後、140gの新ボトルで102粒前後です。

 

10gの減量になっていますが、粒の数に大きな差はないようです。

 

公式発表はないですが、クロレッツは味を凝縮させて長持ちさせる取り組みを行っているのでボトルリニューアル時に1粒あたりの大きさを若干小さくしているかもしれません。

 

口コミを見ても、噛んでいて少なく感じるといったネガティブな内容はないので品質は同等と評価できるでしょう。

 

 

新ボトルを102粒に設定した場合の1粒あたりの単価は以下のとおりです。

 

  • 個別包装(14粒)を税込129円(120円+税)で買った場合 → 1粒あたり9.21円
  • 個別包装(14粒)を税込105円(98円+税)で買った場合 → 1粒あたり7.50円
  • ボトルタイプを税込754円(699円+税)で買った場合 → 1粒あたり7.39円
  • ボトルタイプを税込646円(599円+税)で買った場合 → 1粒あたり6.33円
  • ボトルタイプを税込534円(495円+税)で買った場合 → 1粒あたり5.23円
  • ボトルタイプを税込429円(398円+税)で買った場合 → 1粒あたり4.20円

 

ボトルタイプは無条件でお得になりますが、定価で買うとそれほどお得にはなりません

 

ボトルタイプを買うならコンビニや定価販売しているスーパーではなくディスカウントストアを活用すると良いでしょう。

 

できれば税抜き価格で500円以下のセール時にまとめ買いをしておきたいです。
税抜き400円前後で購入できれば、個別包装を定価で買うよりも1粒単価は半額以下になります。

 

 

クロレッツミントタブ

クロレッツミントタブ

クロレッツミントタブは、口の中に入れた瞬間にミントが広がり速攻で息フレッシュする効果があり、ゆっくり舐めれば口の中のフレッシュ効果は10分続きます

 

他のミントタブレットと食べ比べると1粒がしっかりしていて、確かに味は長続きします。

 

噛まなければ2~3分以上は口の中に残ります。10分の持続時間は口の中で溶けずに残る時間ではなく、ミントのスッキリ感が残る時間です。

 

料金は22.5g、50粒入りで税込220円~240円ほど。

 

フレーバーによって清涼感は違いますが、圧倒的なミントのインパクトでは勝負せずに美味しさと持続力で勝負している商品です。

 

ミントタブレット人気のフリスクに比べると清涼感では劣りますが、美味しく食べられて息スッキリ効果は同等以上です。