食べかすが残っている食後や間食直後にガムを噛めば、高い口臭予防効果を期待できます。

口臭予防に最適な摂取頻度

 

効率的に口臭予防するには、摂取頻度も重要ですがガムを噛むタイミングも重要です。

 

口臭は口の中に発生した細菌が食べかすや粘膜をエサにするために分解したものが腐敗して起こります。つまり、食べかすの残っている食後に摂取することがもっとも重要です。

 

頻繁にガムを噛んでいても食後にガムを噛まなければ口臭は発生しやすくなります。
できれば食後30分以内にガムを噛むようにしましょう。
摂取量は多くなくても、食後や間食(おやつを食べる)直後にガムを噛めば高い口臭予防効果を期待できます。

 

 

過剰摂取によるデメリットは?

クロレッツは低カロリーで糖質と脂質は含まれていないため、過剰摂取しても成分によるデメリットはありません

 

注意しないといけないのは、口の中のどちらか片方の歯だけで噛み続ける場合です。

 

ガムは歯の中心よりも左右のどちらかの奥歯で噛むクセが付きやすいです。

 

左右交互に均等な噛み方をすればいいですが、片側に偏りのある中でずっと噛み続けると筋肉が一方だけ発達して歯が歪んでしまう恐れがあります。

 

最悪、ガムが原因で歯並びの悪くなるケースもあります。

 

クロレッツは味長続き効果が強いので、一粒に対して噛む回数が多いです。
片側の歯だけ使ってガムを噛むクセを持っている人は、クロレッツは悪影響の出るリスクが高いです。

 

頻繁にガムを噛むヘビーユーザーは、左右と中央で均等にガムを噛むように意識してみましょう。

 

正しく噛めばアゴが鍛えられるので健康的な歯になってガムを噛んでいないときでも唾液分泌のしやすい体質になります。

 

 

口臭・虫歯予防は20分以上噛み続けることが理想

 

20分以上ガムを噛むことを勧める医師

ガムを噛むと成分による効果だけではなく唾液の発生することで口臭と虫歯を予防できます。一度に最低でも5分以上、理想は20分以上噛み続けることが理想とされています。

 

クロレッツは業界最長の30分の味長続き効果のあるため、長時間噛むことが苦になりません。長く噛むことは唾液による洗浄や臭い成分の抑制効果など様々な相乗効果を期待できます。

 

 

 

食事でもよく噛むクセが付く

ガムをたくさん噛めば、アゴの筋肉が発達して噛む力が付きます。
普段の食事でも、しっかり噛むクセが付くことで身体には良い効果がたくさんあります。
食事はよく噛んで食べるといいのは有名な話です。

 

噛む回数が多ければ食事中の唾液分泌量も増えるので口の中に食べかすが残りにくくなります。さらに満腹中枢が刺激されるので少量の食事でも満腹感を得やすく、ダイエット効果を期待できます。

 

たくさん噛めば胃腸に運ばれる食べ物は細かくなっていて、唾液も多く混ざるので消化効率もよく胃腸の負担は少なく活性化しやすくなるメリットもあります。

 

普段食事であまり噛まない人や、しっかり噛もうとすると、すぐにアゴが疲れてしまう人はガムを摂取する頻度や一度に噛み続ける時間を長くする取り組みをしてみてください。