ロングラスティング製法により、さまざまな効果を高められる相乗効果が生まれます。

クロレッツの効果

 

クロレッツの効果を大きく分類すると以下のとおりです。

 

  • 口臭予防・消臭・息スッキリ効果
  • 虫歯予防
  • ストレス解消・リラックス
  • 眠気予防

 

主要な効果は、ほかのガムにも共通している内容がほとんどです。
クロレッツはその全てにおいて高い効果を期待できます。

 

なお、眠気予防については噛むことだけでも効果はありますが、ブラックラベルのシャープミントのみカフェインも配合しているので身体の内側からも効果を得られます。

 

クロレッツの成分

 

 

30分味長続きのロングラスティング製法による相乗効果

30分測れる砂時計

クロレッツが大ヒットした要因は30分続く味の長続き効果です。

 

味が長時間続けば噛む時間と回数も増えるので1粒に対してのストレス解消、リラックス効果は大きくなります

 

ガムは味がなくなると固くなってしまいますが、クロレッツは味を凝縮させたマイクロカプセルが少しずつ弾けるので長時間噛んでも、噛み始めのような柔らかさと味を維持できます。

 

口臭予防や消臭効果も噛んだ当初に一気に口に広がるのではなく、長時間噛むことで少しずつ出て行く仕組みなので1粒に対しての効果も大きくなります。

 

また、口臭ケアはガムの成分だけと思われがちですが、ガムを噛むことによって分泌が促される唾液の効果も大きいです。

 

そもそも口臭の原因は、口の中で細菌が残った食べカスや粘膜の細胞などをエサとするために分解して、腐敗することが原因で起こります。

 

口の中で腐敗した成分は硫黄化合物という気体になって周囲に不快感を与える口臭になります。唾液が出ると口の中で細菌のエサになる汚れや食べかすを洗い流す効果を得られます。

 

さらに唾液に含まれる酵素やタンパク質には細菌の活動を抑える抗菌効果があり口臭成分を溶かして閉じ込める効果があります。

 

また、ガムをたくさん噛むことはアゴを鍛えられるので舌とアゴも活性化されてガムを噛んでいなくても唾液が発生しやすい理想的な口周辺の筋肉をつけられます。

 

つまり、味長続き効果によってガムを噛む時間が増えることで、唾液の分泌が増えて口臭予防や消臭効果を高められる相乗効果も発生しています。

 

ちなみに味がすぐに終わってしまうガムでも、味がなくなって固くなっても噛み続けると唾液がたくさん出てきます。

 

味のなくなったガムは不快感を感じる味になって、口の中の味を中和させようと唾液を分泌させています。

 

梅干やレモンなど酸っぱい物を食べるときに唾液が出る仕組みと似ていて、唾液による洗浄効果は期待できます。

 

ただし、味のなくなったガムを噛み続けるのは不快感に感じる人も多く、結果的にガムを噛む習慣から遠ざかってしまったり、一気に出る唾液にすら不快感を感じてストレスの原因になる場合もあります。

 

クロレッツは強引に唾液を大量に分泌させるのではなく、美味しくガムをかみ続けながら少しずつ唾液の分泌を促す点で他のガムより優れています。

 

また、長時間ガムを噛み続ける習慣は唾液の分泌効果によって虫歯予防の効果も得られます

 

成分的にはキシリトールの配合量が少ないこともあり、即効性では他の歯を健康にすることをコンセプトにしたガムに劣りますが、長期的には健康な歯に成長させる効果が高いです。