TVCMでも有名なクロレッツの口臭予防効果に迫る

クロレッツの特徴・他お口ケアガムとの違い

 

クロレッツのガム

 

クロレッツ(clorets)はモンデリーズ・ジャパンの販売する粒ガムで、味の持続力と口臭予防・消臭効果の高いことでヒットしています。

 

以前は板ガムも作っていた歴史もありますが、現在はガムは粒ガムのみミントタブレットを新商品として投入しました。

 

一般的な粒ガムの単品価格は100円程度ですが、クロレッツは120円と少し割高です。

 

それでもコンビニや駅構内のショップなど、どこでも手軽に買えるほど普及していて、ガム全体のカテゴリーでトップクラスのシェアを獲得している大ヒット商品です。

 

 

アメリカの大手飲料品メーカー製品

 

モンデリーズ・インターナショナルのロゴ

 

モンデリーズ・ジャパンはアメリカの食品・飲料メーカー大手「モンデリーズ・インターナショナル」の日本法人です。

 

食品・飲料会社の中では世界3位(※)の規模を誇っていて、国産のガムメーカー大手のロッテよりも大きな会社です。(※1位はネスレ、2位はペプシコ)

 

クロレッツのほかに、キシリクリスタル、リカルデント、ホールズなどもモンデリーズ製品です。
ほかにもお菓子のオレオやメントスなども日本でお馴染みのヒット商品です。

 

モンデリーズ・ジャパンはガム・お菓子系の商品を専門に扱っていて、モンデリー製のクリームチーズを森永乳業が販売するなど国内大手食品メーカーにライセンス提供している商品も多数あります。

 

 

 

クロレッツの2つの強み

 

クロレッツの選ばれている理由は粒ガムでありながら味が長続きすることと、ガムを噛む基本機能にもあたる息を綺麗にする口臭ケア効果の高い点です。

 

根本から口臭を改善したい方は口臭予防サプリを試してみましょう。

 

初代クロレッツはアメリカで1952年に発売され、日本では1985年11月に発売されました。

 

当初は「息スッキリ ブレスフレッシュガム」のコンセプトで口臭ケアを前面に出したガムで板ガムの人気も高かったです。

 

商品名の由来はレチンとクロロフィルを組み合わせた独自成分のアクチゾルを使っていることから来ています。

 

レチンは独自に処方した息を綺麗にする成分。
アクチゾルはニンニク臭など強力な口臭を包み込むようにして抑える成分です。

 

当時のクロレッツは口フレッシュ効果を強調した広告を行い、2大成分以外にも口臭ケア効果のある成分を積極的に採用していました。

 

国内発売25年を迎えた2010年には大幅リニューアルを行い「30分間味長持ち」の新コンセプトに掲げました。

 

日本では昔から味の長続きするガムを求める声が多く、30分間味長持ちのコンセプトを打ち出す前の2002年からロングラスティング製法という独自の味を長持ちさせる手法を取り入れていました。

 

それまで粒ガムは一瞬で味がなくなって固くなるため、一時的なお口直し程度で噛む人が多かったです。

 

味を長持ちさせる新製法はすぐに日本市場で評価されて、毎年2桁成長を続けて2010年には30分味長持ちという時間を明記した長続き効果を売りにした広告を打ち出しました。

 

味長持ち競争で1人勝ち

 

2000年代はクロレッツの躍進を受けて他のガムも味の持続力をアピールする改良を行い追随しました。

 

当時は「味長続き」といったコンセプトを打ち出すガムも増えて、他の商品との差別化ができないことから、クロレッツは持続時間を明記しようと取り組み。

 

30分を目標に設定して改良とモニター調査を強化しました。

 

その結果、板ガムにも勝る驚異的な30分の味長持ち効果に対して96%のモニター満足度を得るガムに成長させて2010年に大幅リニューアルを行い、味30分長続きの広告を始めるようになりました

 

クロレッツのヒットになったロングラスティング製法は、甘味料、フレーバーなど味になる成分をマイクロカプセルに封入してガムに練りこむ独自製法で、噛むことで少しずつマイクロカプセルがはじけて味が長続きできる仕組みです。

 

味を長持ちさせるには、マイクロカプセルの量を増やしたり大きさを増やせばいいものではなく、味を凝縮させて1つのマイクロカプセルから出る味を長持ちさせるようにさせる研究と開発によって、他のガムを圧倒する味長続き効果を実現させました。

 

 

ボトルガムのヒット

 

粒ガムのメリット1粒が小さいことです。
板ガムよりも数を増やせるメリットのほか、ボトルによるまとめ売りも可能になります。

 

粒ガムの多くはボトル売りをしていますが、味30分長続き効果も加わったことで1粒を長く噛むことができて、ボトル1箱買えば消費までかなり長持ちします。

 

ガムは中毒性もあって、作業や車の運転中の大半はガムを噛んでいないと落ち着かないコアユーザーもいます。

 

ボトルタイプは粒ガム140gで定価700円ほどですが、購入者の満足度は高く、気兼ねなくガムを噛み続けられると好評です。